FC2ブログ

消費者金融トラブル読本

消費者金融のトラブルが書かれた書籍の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

消費者金融―実態と救済 |宇都宮 健児

消費者金融を弁護士の視点から斬る!


消費者金融―実態と救済消費者金融―実態と救済
宇都宮 健児
岩波書店 刊
発売日 2002-04




クレサラ系弁護士による消費者金融論 2003-06-08
 著者は、クレジット・サラ金問題を専門的に扱ういわゆるクレサラ系弁護士の代表格。
 本書は、同趣旨の記述があちこちに繰り返し現れ、構成面で覆いがたい難点を含んでいる。また、激しい文章をもって展開している論理はかなり独善的で、説得力に富むとは言い難い。物事を論理的に考える習慣のある読者ならば、読み続けるのがあほらしくなるかも知れない。主張している内容も一面的で、本書のみをもって消費者金融や自己破産増加の問題を考えるのは危険である。
 にもかかわらず、普段主として消費者金融業界の主張を聞いている方には、本書を一読されることを強く勧めたい。業界関係者が進んで言おうとしない事実が書かれている。消費者金融業界が言うことだけを聞くことも同様に危険である。弁護士が書いた本だけに、法律面の記述は詳しい。


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。